タロット占いの起源

カードの種類や絵柄の意味を知る

タロット占いは当たりすぎて怖いという話を聞いたことがありませんか?
怖くなって、その後一切占わないという人もいますね。
当たりすぎるかは、個人によって違いがあるでしょう。
タロット占いの起源は現在でも断定できないといいます。
はっきりしていないのです。
似たものは色々あるのですが、カードの枚数など現在と全く同じものではないからですね。
怖いと思う理由には宗教画のようなタロットカードの神秘性も関係しているのかもしれません。
カラフルな絵柄にはよく見るとわかる深い意味が隠されていたり、一目で良い意味を持つカードとわかるものもあります。
タロットカードは同じ絵柄の正位置と逆位置で反対の意味を持つことが多いです。
威厳溢れる王の絵柄が正位置で自信や安定を表すので、逆位置は不安かというとそうではありません。
どちらにも悪い部分だけではないという解釈で、ほとんど気にしないという占い師も多い様ですよ。
逆位置が悪いという単純な解釈ではないようです。
占い全般に言える事かもしれませんが、バーナム効果と言ってその人の行動などから性格を判断するという事前行為を行ってから占うといいます。
冷静になって、よく考えると曖昧で、誰にでも当てはまる言葉が多い様でもありますね。
人と占いの歴史は古く、日本でもシャーマンと言われていた邪馬台国の卑弥呼は「鬼道(きどう)」に頼っていたという記述もあります。
鬼道はどちらかというと呪術であるとも言われますが、諸説あるので断定はできません。
タロットも同様ですが、占いは、地位の高い人や貴族などの富裕層から広がっています。
責務が大きいと占いの判断に助けを借りることが多いのかもしれません。
占いの歴史も考えながら、タロット占いに挑戦してみましょう。

歴史も長く神秘性の高いタロット占い

初心者がタロットカード占いを始めるときに、どんなカードを使ったらいいのか選択に迷いますね。 またそれぞれの絵柄にはすべて異なった意味があります。 大まかにはどのような意味合いになっているのでしょうか。 またカードのサイズによって使いやすさに違いもあるようです。

ゆっくり実践してグレードアップ

自分のためのタロット占いと、プロとしてのタロット占いには違いもあります。 遊び感覚なら、必死で勉強しなくてもある程度はできますね。 将来仕事としてタロットの占い師を考えている人ならば、それなりの勉強は必須です。 カードの持つ意味を正しく知ることはそう簡単ではありません。

独自のルール

タロット占いには禁忌事項がいくつかあります。 投資やギャンブル、命や病、などに関しては占ってはいけない事になっています。 また同じことを何度も占ってもいけません。 ほかにも意外にたくさんのしてはいけない事、同時にするべきことがあります。 具体的にはどの様なことでしょう。

トップへもどる